×彼の世へ続く風景×
自分記録日記
DATE: 2007/03/26(月)   CATEGORY: 私事
恋について
謝恩会の三次会のカラオケにて。
友達に「こっち座って!」と呼ばれました。
なんだなんだ。と思い、話を聞きに行くと・・・
「ももちゃんは大学2年の時に、大学生活の目標は恋をすることだと言ってたけど、どうですか?」
と、聞かれました。
あ、そういえばそんな話をしたよね。
そうだそうだ、恋したがってたなあ。と。
その時はすぐに「あと2年間、この生活が続くと思うと、とっても無理だと思う」
と答えた。
そうだねぇ、大学4年間で恋したような、してないような。
よくわからないねぇ。
恋に恋いこがれ、恋に泣くー。
という曲が頭をよぎりました。

さて、最近ある先輩とずーっと一緒にいる訳でして。
仕事のためにCG室に2人で籠もり、ご飯も一緒、帰り道も一緒。
ましてや休日に外に遊びに行ってまで一緒な訳です。
先輩が
きっと今のあたしたち、彼氏に
「あたしと仕事どっちが大事なの」
と聞かれ、黙り込むタイプです
と、言ってます。
はい、もちろん黙り込みます。
そして、頭の中では「仕事なんじゃないか」と思って、口に出しそうになるタイプです。

その先輩のお父様が
ミニーちゃんの耳をつけながら、恋と愛の話をした時。
お言葉に感心したと同時に、「ミニーちゃんだ。ミニーちゃんがいる。」と心の中は大笑いでした。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

もも | URL | 2007/03/26(月) 22:03 [EDIT]
いや、ある意味可愛かったんだって。
信号待ちしてる時とかに通行人がふと気付くんだよ。
みんな笑いもせず、目を見開いて見つめるんだよね。
あんなお父さん、いいねぇ。

yumeko | URL | 2007/03/26(月) 21:57 [EDIT]
そりゃそうだろ。
あんな史上最強にかわいくないミニーちゃん。
でもね、時間というのはおそろしいもので、あんな父親にも慣れる日が来るんだよ。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © ×彼の世へ続く風景×. all rights reserved. ページの先頭へ