×彼の世へ続く風景×
自分記録日記
DATE: 2006/09/28(木)   CATEGORY: 私事
やっぱり駄目だなぁ
一気に寒くなった気がします。
秋ですね。こんばんは。
そんなこんなで秋服にシフトチェンジ。
が、去年はどんな秋服を着ていたかとかわすれちゃってるもの。
毎日どんな服を着ればいいのか迷いどころ。

ここ一週間くらい衝動買いがひどい気がする。
後先考えずに、どんどん買ってる気がする。(主に服と靴)
うーん。。。
たまには我慢というものをしてみよう。ってか、しろ。
だけど、これからの季節の服が一番好きなんだなぁ。
早くバーゲンの季節にならないかなぁ。
vivie20060928230345
あれ?なんだか、茶色ブーム??


教採の結果がまだ来ません。
まぁ、100%落ちるとわかっていても、なんだか気になるもの。
なんだか、私よりyumeさんの方が気にしているようで。
早く結果来ないかな。


去年くらいからのプリクラを見ていたら、なんだかパーマをかけたくなったので、衝動的にパーマネントをあててきました。
見慣れた自分です。別に代わり映えはしてないなぁ。


なぜかテンション上がらなかったけど、昨日からテンションあげていくことにしました。早く彫塑の部屋使えるようにならないかなぁ。
卒制・・・卒制・・・・・・・。
そつせいかぁぁぁぁあああぁぁあぁぁぁ・・・・!

でもでも、これから楽しみがたくさん。
永山マキのCDでしょう。
Noism06でしょう。
天野月子のベストにDVDにライブでしょう。
コンドルズin新潟でしょう。
イ・・・イタリア・・・も・・・行きたい・・・。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/09/18(月)   CATEGORY: 芸術
生きてるみたい・・・!
新津美術館 高田洋一『呼吸する翼』
を観てきました。
後輩は展示作業のお手伝いをしていて、かなりお薦めと聞いてたから楽しみにしてました。
takada

素材は紙。
それを支えるのは細い竹籤かパイプ。
かなり精密につくられてた。
人が通った風や空調などの少しの空気の動きで作品もゆっくり動く。
あとは照明の光と影でその空間はできていました。

お茶室の作品『森の光』というものがあって、お茶を勧められたのでみんなでお邪魔してみたら、高田洋一さんのいらっしゃって、いろいろお話を聞くことができたのだ。
もともと彫刻をやってたらしく、暇があれば小さな髪を使って、模型をつくっているらしい。
イメージを膨らませるためのスケッチもかなり詳しく丁寧に描かれてあった。
それもたーくさん展示されてた。
一緒の席になった男性があいのりのスーザンにそっくりだ!
しゃべりかたも似てるし!お兄ちゃんじゃない!?
みたいな感じだった(笑)

ちょっとした空気の動きに合わせて作品も動くんだけど、鑑賞していて本当に生きているようだったの。
呼吸してるみたい。
静かーに呼吸してるみたいだった。
小さなものから人が入って歩けるような作品の大きなものまであって、自分が動くと作品も動くからなんとも不思議だった。
主に天然素材を使っているにしても、こんなに受け入れやすいというか。
心に響くというよりは染み渡るような・・・。
こういう作品に出会えたのは久々で感動しました。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/09/14(木)   CATEGORY: 芸術
六本木ヒルズをぶらぶらしてみたけど、やっぱり私みたいのが行く場所じゃない
クリーブランド美術館展
LOEWE 創立160周年記念 現代美術展 「Take me with you」
「BMW 革新の軌跡-ヒストリックカーでつづる発展の歴史」展



同時開催していた、この3つを観てきました。
一番の目的はロエベだったんですが。
だって、大大大大好きな村山留里子氏の新作が観れるんですもの。


クリーブランド美術館展は・・・
クリーブランド

女性の肖像画を中心に。
いつの時代でも女性が美しいものの象徴なのだな。


ロエベ展は・・・
ロエベ

展示空間はとても雰囲気がよく。
黒が基調にされてて、ライティングもよかった。
ただ、暗い空間だったから、村山留里子氏の作品の命でもある色がよくわからなかったのが残念。
けど、黒の漆はとても素敵でした。


BMW展は・・・
BMW

はっきり言って、車には興味のない私ですが。
いんや、あれはカッコいいね。
歴代のBMWがずらりと。
ももの他には中年の男性ばかりでした。
みんな嬉しそうに観てたなぁ。
みんなスーツ姿で。ってか、仕事中じゃないのか?みたいな。

意外や意外。
私的にはBMW展に満足。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/09/13(水)   CATEGORY: 芸術
光の魔術師かー。いいねえ。
光の魔術師 インゴ・マウラー展へ行ってきました。
インゴ・マウラー

インゴ・マウラー氏の照明なんかは、ある空間にあってもとけ込むようで・・・存在感がかなりある。
機能があるものをつくる。
これって、ちょっとした発想から出来てくるんだなー。って思う。
でも、それはめっちゃ難しいんだろうな。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/09/02(土)   CATEGORY: 私事
不意打ちだった
あらー、気が付けば9月です。
来週は大学院試験に卒制の中間発表会がぁあああぁぁああああぁ・・・

今日か明日には作品が完成しそうです。
が、勉強の方はゼロ。
まわりのみんなは勉強をもりもりしていて焦るばかり。
おおおおぉぉぉおおぉ。
どうしようね、過去問見ても全然解けない。

作品は終わりそうなんだけど。
私は器用じゃないし、細かい作業は無意識に手を抜いているらしく。
そんな細かいとこに注意してないから、色んな粗が見えてきて作品を殺している状態。
むむむ・・・。
できないことはするもんじゃないのか。
それとも、もっと努力するべきなのか。
とりあえず今は早く終わらせて勉強に取りかかりたい。
あ、でも、出来る限りは頑張るぜ。

毎度毎度こんなんをつくってる訳だ。
20060902070651


[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © ×彼の世へ続く風景×. all rights reserved. ページの先頭へ