×彼の世へ続く風景×
自分記録日記
DATE: 2006/05/08(月)   CATEGORY: 韓国
韓国での驚き
①キムチについて
やっぱりどこで食事してもキムチは出てくる。
しかもおかわり自由。
各家庭にはふつうの冷蔵庫とキムチ用の冷蔵庫があるらしい。
キムチは約150種類はあるらしい。白菜のキムチだけでも数種類あるとか。
以上、ガイドのカンさん談

私の出会ったキムチ
・白菜のキムチ
・イカのキムチ
・大根のキムチ
・水キムチ(白い半透明のニンニク味のスープに大根が入ってる。スープみたいに飲むらしい)
・海苔キムチ(日本の佃煮みたい。しょっぱい)
・ニンニクのキムチ
・キュウリのキムチ
・カブのキムチ
・魚のキムチ

②韓国人の話し方
まじ怖い。
顔は笑って会話してるのに喧嘩してるみたい。
日本語はソウルあたりなら完璧ではないにしても、大体みなさん話せます。
たまに全く日本語話せず、英語すら話せない人もいたけど。
日本語メニューとかも溢れてるし。(60%の確率でどこかしらに間違いがあるけど)

③テレビを見ていたらCMでELLEGARDENの『Make A Wish』が使われていた。
結構たくさん流れてます。
なんのCMかは全くわかりませんでした。
韓国の国旗を持った若者が跳ねたりしてた。
街3街1

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2006/05/07(日)   CATEGORY: 韓国
アンヒョンヒカセヨ
韓国最終日。
この4日間で一番いい天気になった。そして、あっつい。

まずは眼鏡屋さんに行って、ママンが眼鏡を作っていました。
パパンは着いた日にすでに2つ作ってた。
韓国は度入りやUVカットレンズを入れても、まじ安いし、すぐに物がきでる。
私も便乗して、サングラスを作った。安い。

ロッテデパート内でブランチ。
パパンは辛いものにちょっと参ってるらしく、韓国に来てまでカリフォルニアロールを食べています。
私は「そういえば、まだ韓国の海鮮を味わってない」と思ったので、ママンとタコの石焼きビビンバを食べた。
って、これが韓国旅行で一番辛かった。
辛くて食べられなかった。泣きそうだった。
あと、韓国の伝統料理?のトッポギを食べた。
棒状のお餅を甘辛く煮詰めた物。屋台でもよく売ってる。
これ食べたかったんだ。
これは美味しい。おやつにぴったり。
韓国の人は子どもの頃から、トッポギを食べて育つくらいらしい。

あとは足マッサージへ!
足を洗って貰って。膝から下をツボ押ししたり、ふくらはぎをマッサージ。
あとは頭皮や背中や首、肩もしてくれた。
あとは、なんか足に巻かれて、空気圧でマッサージ。
最後にあれは一種のパラフィンかな?
溶けたものに足を入れて、膜を張って冷めるまで待つ。
ちょっとはじめは熱いけど、後は冷めるだけだから、スッゴイ気持ちいい。
たしかに3日間歩きっぱなしで、かなり足がむくんだり、いたかったり。
けど、マッサージ終わったら、きれいにむくみもとれてスッキリ!!
足マッサージってスゴイのね!
ちょっと日本に帰ってもどこかに通いたい。

あとは空港へ。
グッバイ韓国。
韓国上空雲海


どうだろう、食を楽しむだけなら、また来たいかも。
今回はソウルだけだったから、次は釜山の方に行ってみたいかな。
とりあえず、日本人を見たら、なんでも売りつけようというのがカナリ疲れた。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/06(土)   CATEGORY: 韓国
イゴ ジュセヨ
今日は朝から生憎の大雨。
だから、遅めの朝食にお粥を食べて、ロッテデパートへ。
免税店から高級ブランドショップが並んでる、ソウル最大のデパート。
免税店は日本人ばっかり。
みんなブランド物好きなんだなー。
と思ってたけれど、私も結局お財布を購入。
そんな高いものじゃないけど。

あとは地下でお土産のキムチやら、ランチに韓国料理のカマボコみたいのやお餅のお菓子などをちょっと買って、一旦ホテルへ。
キムチとかが重たすぎたです。
キムチ売場にはたくさんのキムチが並んでて、キムチの会社もたくさんあるらしい。
日本人が前を通る度にスゴい勢いで捕まえられる。
素で怖かった!
キムチ売りおばちゃん達の競争。

夕方くらいから雨も上がり始めたので昨日も行った、仁洞寺へ。
今日は昨日に比べ全然人が歩いてない。
パパが瀬戸物屋さんを回りたじめた。
印象的だったのは朴英淑窯というお店。
女性の陶芸家の作品のみおいでいるとこなんだけど。
エリザベス女王に献上されたという、真っっっ白な食器や、いろんな形の陶器がズラッと。
周りのお店より、作品もお値段もよい気がしましたぜ。
私はお茶と漢方らしきお茶とラデン細工の小物入れを買ってもらった。
こっちらラデン細工も有名らしい。
どこに行っても見かける。

器とかが大好きなパパは実用的なお皿から…
でっかい飾り用のお皿や壺を買ってましたとさ。。。

夜に若者のファッションビルに行ったけど…
本当可愛いの多いんだ。
ブラウスやワンピースなんて興奮もの。
が…まじ細い。
まず肩幅が狭すぎでなで肩すぎ。無理。

韓国はデパートでも、どんなお店でも値段交渉が一般的。
が、日本人にはカナリ高くふっかけてくる。
うぜぇ。
どこのお店では日本人はただのカモでしかないようだ。

夕食は…
韓国と言えば焼き肉!
しかも豚肉!
ということで、焼き肉屋さんへ。初日の夕食を食べたとこが美味しかったのでまた行ってきた。
焼き肉

キムチ入り卵焼き、うまい!
お肉は野菜に巻いて、ネギやキムチやコチュジャンなどを巻き込んで。
うんめええぇぇぇぇー!
カナリお腹いっぱい。
足腰とお腹がかなり痛かったけど、大満足の1日。
街2街3

[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2006/05/05(金)   CATEGORY: 韓国
ミアナムニダ
夜はパパンのお友達ご夫婦とご飯へ。
たまたま韓国に滞在してる日が一緒らしかったので。
私たちのホテルの裏側の通りはご飯屋さんやショップが並んでて人がたーくさん。
ふと原宿の竹下通りを思い出させる光景。

少し歩いてサムゲダンのお店へ。
サムゲダンとは若鶏の中にお米や野菜などを詰めて、スープでよき煮込んだ韓国料理。
ここのお店のサムゲダンにはもち米と栗と杏と朝鮮人参が入ってた。
朝鮮人参、初体験。
よく煮込まれていてスッゴい柔らかかったので朝鮮人参の味はよくわからなかった。
生ニンニクのキムチがでたんだけど、大人4人はみんな一切れ二切れで胃をやられてた。
スゴいキツいです。
ショックなことは私が恐らく未成年と見られたこと。
瓶ビールを注文したのにコップは4つ。
私以外の大人に配られましたとさ。

あとは激安ショップとかで化粧品とかをまとめ買い。
あと垢すり石鹸買って満足。
やっぱり韓国のエステは日本より全然安いから、みんな行くらしい。
私も行こうかと思ったけど、まぁ、いいやっていう気持ちになってしまった。
日本に帰ってから1人で垢すりしやす。

写真は韓国のJINROとアミノサプリ。(多分)
あと、韓国では牛乳よりバナナミルクの方が主流らしいよ。
飲み物バナナ牛乳

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/05(金)   CATEGORY: 韓国
ペガ アプンニダ
韓国2日目。
日本では子どもの日。韓国でも今日は子どもの日で休日らしい。
まず、朝起きて…お腹痛い!
大体環境変わるとすぐ体調壊しすぎだ。
まぁ、せっかくの海外。気合いで我慢。
朝食は老舗らしいお店へお粥を食べに行った。
お米がよく煮込まれてるのに歯ごたえもあって、美味しかった。

今日はオプションツアーで世界遺産を巡る旅。
ガイドのカンさんと他に日本人2名と、真っ赤なバスにでっかく『冬のソナタ』とヨン様とチェジウがイラストで描かれてた(笑)
その中には誰も韓流ファンはいないのに。

まずはハイウェイに乗り、幻の都、水原(スウォン)へ。
ってか、ハイウェイ渋滞しすぎ。
相変わらず韓国人は運転荒い。
そして隣を走っていた車が前の車に激突してた。
見事なわき見運転。

水原華城を回った。
27代まで続いた朝鮮王朝の第22代目が建てた城壁を復元したもの。
約200年前に造られたらしいっす。
西洋の様式も取り入れて造られたらしく、当時は王朝の建築技術は最も優れていたらしい。
長安門城壁
敵が攻めてきて、城内を守れるように実用的に造られている。
が、22代目の王様は完成を待たずして亡くなってしまいましたとさ。
腹いてー。
お昼はまたお粥。アワビ粥でした。あわび粥



続いてー、ソウル中心に戻り、仁寺洞(インサドンギル)を回ります。
アートショップや伝統工芸とかのお店が並んだ通り。
見てるだけで楽しかった。
書道用(?)の筆がたくさん売ってた。
器を売ってたお店で一目惚れしたカップを2つ購入。
パパンが大きな磁器か絵画を購入しそうな予感悪寒。
この通りは楽しいので明日もまた来る予定。

ここから移動して、昌徳宮(チャンドックン)へ。
こちらは1405年に国王が景福宮という住まいの離宮(しばらくの間、移って生活するための宮殿)として建てられたものを再建したもの。
昌徳宮
とりあえず、広い。
山あり池あり。
この中に国王が会議するための建物や、書庫の建物などいくつも建物があります。
どれも美しい色合いに塗装されておりやした。
印象的だったのは楽善斎(ナクソンジェ)。
側室の部屋
側室たちの部屋。部屋数多すぎ。
20人近くの側室がいたらしいです。

続いては宗廟
ここでは歴代国王と王妃が祀られております。
宗廟
こちらは昌徳宮とは違って、色は朱と緑の2色のみと非常にシンプル。
明後日7日には宗廟大祭といって、当時の様子が再現されたりするらしい。
そのお祭りのおかげで普段は見られない、本殿の中がのぞけました。
こちらの位牌には表面に穴があいているらしい。
なんでかっていうと、魂が通りやすいからなんだって。
穴がないから苦しいんだとか。

これにて世界遺産ツアーは終了。
カンさん、どうもありがとう!
スッゴい色々と親切にしてくれて、元気なガイドさんでした。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/04(木)   CATEGORY: 韓国
オルマエヨ
街5
地下鉄に乗って市庁駅へ。
目的はトッケビストームというステージを見に。

地下鉄は東京並に本数もあって混んでる。
どうにかハングルを単語で連発して切符ゲット。
韓国では地図係も食事の注文係などはももの仕事。
パパンとママンは細かい文字がよく見えなかったりらしいので。
イタリアで鍛えた感覚で道案内。

日本ではNANTAが有名だけど、トッケビストームもお勧め!
NANTA見たことないんだけどね。
トッケビストームは人間と韓国のお化け(妖精)たちの様々な楽器や道具、体をつかったリズム対決!
これはおもしろかった!
素直に楽しめたよ。
軽くテンション上がりはじめた。(夜9時半にしてやっと)

帰り道のタクシーで軽くぼったくられました。
が、ギャーギャー値段交渉して値切ってやった。

小腹が空いたのでチヂミでも食べようか。
と入った店が焼き肉とキムチ料理しかない。
しかも注文は、キムチチヂミとキムチ冷麺だけじゃダメだ!
と言われたので、キムチ鍋も食べました。
キムチ料理

豆腐などのキムチ3種類と韓国のりが付いてきた。
これは素直に美味しい!
韓国に来てから、はじめてのテンションマックス。
昼より夜の繁華街は楽しいっす。
この店は周りの店よりも地元の人ばかりで混んでたから、美味しいとこなのでしょう。
お腹いっぱい。
韓国の人は牛肉より豚肉の方を好んで食べるらしい。
牛肉は日本より高め。
キムチ鍋に豚肉がたくさん入ってたけど美味しい!
韓国人が豚肉を選ぶ理由がわかった気がする。

夜11時。ホテルに着いて…
近くのセブンイレブンで購入してたオニギリ観察。
お腹いっぱいだけど、パッケージにひかれたので。
おにぎり

ツナキムチらしい。
おにぎり2

おー!ご飯がキムチで赤い!
あれ、これツナじゃなくて豚肉じゃんよ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/04(木)   CATEGORY: 韓国
アニョンハセヨ
飛行機空

2時間しか飛行機乗ってないのに、ちゃんと機内食がでてきた。

12時に韓国到着。
空港から明洞までのバスから見える風景は…田んぼがや山が広がっていたり。
日本みたい。
街が見えてくると、やっぱり栄えてるっぽい。
街中

ってか、韓国人みんな運転荒い。
車と車のちょっとした隙間に平気で突っ込んでいきます。
恐ろしい。

デューティーフリーでスクラッチチャンス。
1~3等までしかないの。
うちの両親は2人とも3等、
ヨン様かイ・ビョンホンのどちらかのポスターが貰えるらしいっす。
私は2等。見事、韓国のりゲット。
さっそくポスター2本邪魔っす。

さて、ホテルに着いてからすぐに東大門へ。
あれ、生憎の雨です。
ということで、近くのショッピングビルへ。
お腹が減ったのでビビンバを食べた。
これ2人分。
ビビンバ

やっぱり、キムチが付いてくる。
ここのキムチはあんまり美味しくなかった。

ここの辺のショッピングビルは10~20代の女性中心。
服が私好みでものすんごく可愛いのが揃ってる。
が、日本と対して値段かわらん。
しかも、日本のより細身っぽい…?
ちくしょう。

東大門あたりはいい皮がたくさんあると聞いたのですが…
特に見あたりません。
しかも、カバンを買おうとしたら韓国語と日本語まじりの怪しいおばちゃんにお釣りを間違えられそうになった。
向こうが何言ってるかわからず、しかも凄い勢いで喋ってるので、商品おいてお金奪い返して帰ってきました。
他の店で可愛いコサージュはゲット。
あと平気で「本物そっくりの偽物あるヨ」と話し掛けてくる。
うわ、どう見てもあのヴィトン偽物だよ…
グッチのGがCになってる…(汗)
ハングル全く読めなく、買い物もあんまし楽しくない。
まだ韓国で楽しめてません。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/03(水)   CATEGORY: 韓国
片道2時間の旅
さて、明日からちょっくら韓国旅行です。
飛行機で片道2時間。時差なし。
楽でいいね。国内旅行行く感じ。
でもさ、ハングルはまじ意味不明です。
ガイドブックにカタカナふって説明してくれてるんだけど、全くわかりません。
とりあえず「イゴ ジュセヨ」と「ハナ・テュル・セッ」だけ覚えました。
意味は「これください」と「1つ・2つ・3つ」らしいよ。
買い物とグルメしか楽しむ気がないらしいよ、私。
でも、世界遺産は楽しみ。

韓流ブームに全く関心のない、もも一家は別にドラマロケ地などはまわりません。
ってか、私はヨン様以外の人の顔と名前が一致しないくらいです。
ママンもパパンもそんな感じ。
韓流ブームとは無縁です。
きっと今回の旅も韓流ブームとは無縁だろうと思っていました。

が、
親戚のおばちゃんから頼まれました。
誰だっけ・・・あの人。トム・ハンクスじゃなくてー・・・
そうそう、パク・ヨンハのCD
買ってきてくれとのこと。
いや、名前知ってるけど顔知らないし。
ハングルで名前書かれてても絶対わかんないし。

とりあえず、言語がかなり心配な旅になりそう。
けど、キムチと焼き肉とショッピングを楽しむつもりです。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © ×彼の世へ続く風景×. all rights reserved. ページの先頭へ